MENU

長期的な視点に立った生命保険選びを

生命保険は、同じ内容の商品の場合、安ければ安いほど良いのか、というと、決してそうではありません。ある程度、自分自身で生命保険の商品の善し悪しを見極める目を持つ必要もあります。まず、パンフレットの裏面、さらに、契約のしおり等のどこかに、小さい字で書かれているものまで見落とさず確認できる領域に注目。また、今後の平均寿命や人口構成の見通し、今後の公的社会保険制度の改正の見通し、医療技術の進歩の見通し、会社の財務体質、などをある程度知識として得て置くことです。例えば、入院医療保険でも、災害時と入院時では支給される金額が大きく変わったりするものがあります。また、更新タイプか、更新しないタイプか、も考えなければいけません。生命保険料の掛け金には、安さが一番のアピールポイントである更新タイプと、払込満了までは保険料が一定で、更新しないタイプのものがあります。更新タイプは、生命保険料が安いながら、更新の度に、保険料が値上がりする、そして、更新できる年齢に制限があること、などのデメリットが多くあるものです。入院/死亡発生率は年齢が高くなればなるほど高くなるため、これでは不安を感じてしまいます。様々な面で、社会的な不安が高まる中、保険期間の設定、医療費用増大への対処を考えることが大事です。医療技術の進歩で、例えば、高度な医療が必要な重度の病気の場合でも、これまではある程度の期間入院した後に、治癒することなく死に至るような病気でも、長期の治療、入院を経て治癒するケースが増えています。つまり、入院費用などの負担が大きくなる可能性があるわけです。一方で、医療技術進歩で、特に若い人の場合、一回の入院日数を減少させることにもなります。若く元気な人なら、、60〜65歳までに入院する可能性は低いし、もし入院しても短期間で退院できます。その分、65歳以降の医療負担にツケが廻ってくるわけなのです。こうしたことから、生命保険は今目に見えている現物を買うのではなく、さらに、短期間で完結する商品でもなく、10年を超える超長期の商品であることを再認識すべきなのです。つまり、生命保険は今だけでなく、今と将来を買う商品、というわけです。生命保険で、長期の商品(終身医療保険、終身保険等々)に加入を考える時には、商品内容、支給要件、給付範囲、保険料だけで選ぶのではないということを覚えておくべきでしょう。生命保険は、終身保険がベストと言えますが、短期がいけない、というわけでもありません。メインでしっかりした生命保険に入っていれば、付属的に、短期の生命保険のメリットだけを活かして運用する、というのも生命保険の賢い利用法です。

公的介護保険について

公的介護保険について紹介したいと思います。公的介護保険というのはどのような保険なのかというと、40歳以上の人は必ず加入しなければならないことになっている公的な保険の事です。40歳から64歳までの人は、健康保険料と一緒に介護保険料の支払いをすることになりますし、65歳以上の人は公的年金からこの介護保険料が天引きされることになります。公的介護保険が 受けられる人というのは認められた人だけに限られています。

 

例えば要介護状態に当たる人の受けられる施設やサービスも決まっていますし借りることの出来る物なども決まっているのです。公的介護保険の場合はサービスの提供のみになりますから実際には認められている介護サービスだけでは不足しがちだといわれています。こうなる前に、生命保険会社の介護保険に加入しておくことが大切です。生命保険会社の介護保険の場合は公的介護保険のサービスと違って、保険金が給付されますから、お金をもらうことができます。介護をする人が仕事をやめなくてはならなくなったときなどに収入が減ってしまったりしても生命保険会社の介護保険があれば安心ですが公的介護保険だけだと一銭もお金は支払われませんからサービスだけを受けることになります。

外資系保険会社

保険会社というのは今までだと日本の会社が多かったのですが最近では生命保険業界に外資系の保険会社が入ってきました。しかも日本のバブル時代に外資系が参入してきて保険を沢山売ったのですがその頃の外資系の保険会社は今では影もありません。今はまた別の外資系の保険会社が根付いています。外資系の保険会社というのは日本の保険会社の保険に比べると保険料が安い場合が多いのですが、なぜ外資系の保険の料金が安いのかというと、配当金という制度が外資系の保険会社にはないからだといわれています。保険の配当金というのは、保険会社が加入者から集めたお金が保険金として使われなかった場合には、保険金が余ってくると思います。それを、契約している人に配当金として支払うのが日本の保険では一般的です。

 

しかし外資系の保険の場合には、どんなに利益が出ても、保険の配当金はありません。ですから保険の配当金がない分、保険料自体を安くしているので、外資系の保険会社の保険料が安いのです。外資系の保険会社で有名なところではアリコジャパンやプルデンシャル生命、チューリッヒなど今の日本では外資系の保険会社の方が加入しているシェアが多くなっている商品もあります。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査10

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク
1キャッシング 審査10